blog index

-複数のライター投稿で織りなすWeblog-
<< 野ブタ。をプロデュース | main | MacでSkype >>
スポンサーサイト
Written by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ワオ! 窓口ドラマ その1
Written by CVO@管理人
国民の義務で勤労・教育・納税というのがあります。
小生は先日この日本国民としての義務の一つ「納税」システムを全うすべく小生の仕事場近くの郵便局という建物に足を運びました。
まぁこの郵便局という所、この日本国の頂点とも言えるあの犬の人が「郵政民営化!!!」とか言っているところな訳です。
常日頃より小生は郵便局という代物をあまり使用せずに生きている為、どれ、厳しい資本主義社会で生きて行けるようなものなのかしらん?という疑問も持ちつつ、"お昼休み"という尊い時間を犠牲にし納税のために足を運んだのだった。
やはり、お昼休みという時間だからなのか人々がワラワラと郵便局内には溢れていた。それはもう溢れ出さんばかりであった。いや、2,3人は溢れ出していたと思われる。

まぁ、このように人が溢れ出してしまうのは日常茶飯事、オールウェイズなのであろう。窓口の前には「現在待人30人くらいいるよ」と電光表示された自動順番整理マッシーンが設置されており、さぁ一も二もなく取りやがれ!!、いや、悪い事言わないから今取っておかないと後悔するよ?と言わんばかりにティケットをぺろりと垂れ下げている。
そのマッシーンの設置も虚しく勝手が判らず窓口周辺で右往左往しているご老体が5人くらいモゴモゴしているのもいつもの事なのであろう。
局員も慣れたもので、そういったご老体に関しては存在しないものとして対応しており、ご老体は助けを求める目で局員を見るのだが局員様はご自分のお仕事に精を出し、ご老体は無きモノとして処理をされ一層さらにモゴモゴとするような始末でありました。

小生はと言えば、圧倒的な平均年齢の高さで小生を威圧する郵便局の圧力に負けず、取り敢えずティケットをぺろりと取り上げ、備え付けられていた事務椅子のようなクッションのへたり切った椅子に腰を下ろしたのです。

小生の前には待人が30人もおり、いつ順番が回って来るか定かでない。
余りに暇だった。それはもう暇でございました。
これが自宅であるならば、煙草を食んだり床の上でゴロゴロと転がり、飽きた頃には洗濯でも始めるような暇さでありました。
しかしここは人々の闊歩する公共の場でありますので、ジッと我慢の子。窓口でどのような事が行われているのかと観察をする事にしたのです。

しかし、この時点での小生はまだこの昼間の郵便局という所が人間の欲望渦巻く無法地帯である事を知る由もなかった。

その2へつづく。
と思う。
| CVO | 01:05 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
Written by スポンサードリンク
| - | 01:05 | - | - |
コメント
乙です。

確かに気合い入れないと行けないかも・・・。
実際今回も気合い入れて行きましたよ。ムンムンと。

その2は明日くらいにでも書こうかと思ってますが、定かではありません(汗)
| CVO@管理人 | 2005/02/06 1:24 AM |
郵便局、昼間はいっつも混んでいて
何かのついでにはいけない場所…

いつも気合を注入しなおしてから赴いております。

その2が気になるなぁ。
| のんこ | 2005/02/04 2:53 AM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://cvo.jugem.jp/trackback/277
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Counter
累計:
今日:  昨日:
★使用方法はこちら
ジョッキー (集英社文庫)
ジョッキー (集英社文庫) (JUGEMレビュー »)
松樹 剛史
名前の通り競馬小説。
年間勝利数が一桁のフリージョッキーの物語。
競馬好きな僕はかなり楽しめました。
小説としてもなかなか良く出来ていると思う。
競馬好きな人は読んでみては?
(CVO)
発売日:0000-00-00

★管理人への問い合わせ★

Weblog Links
Myblog List



Blog People


登録してみませんか?
by BlogPeople

ペットたち



qrcode
このサイトのQRコード


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
by

bolg index このページの先頭へ