blog index

-複数のライター投稿で織りなすWeblog-
<< さいたまスタジアム | main | ワオ! 窓口ドラマ その1 >>
スポンサーサイト
Written by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
野ブタ。をプロデュース
Written by CVO@管理人
先ほど会社の帰りに買ってきた本を読み終えた。

野ブタ。をプロデュース
野ブタ。をプロデュース
白岩 玄

舞台は教室。いじめられっ子の"野ブタ。"を俺がプロデュースして人気者に仕立て上げる!!

という内容。

第41回文藝賞受賞作という肩書き。

んー、面白いんだけど・・・・・。
エンディングに至るまでは非常に爽快な読み口で、程よく自然に笑える場面も多く、その雰囲気のままやや感動的なエンディングに行って欲しかったのは僕だけではあるまい。ニヒリズムでの迎えるエンディングは少々後味悪い。
まぁ僕が望むエンディングだったとすると"文藝賞"という肩書きは無かったとは思うけど。
良くも悪くも"文藝"的ということなんでしょう。

やはり最期の最期まで主人公の"冷め"を継続させてしまったのが後味の悪さに繋がるんだろうなぁ・・・。
| レビュー【本】 | 00:19 | comments(0) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
Written by スポンサードリンク
| - | 00:19 | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://cvo.jugem.jp/trackback/276
『野ブタを。プロデュース』白岩 玄
ドラマの原作になった本を買う人は、文芸書を買いなれている人たちとは少し違った客層の人が多い。大体文芸書、ハードカバーを買うのは、経済力がそれなりにある大人の人が多く、2〜3冊まとめ買いしたり、合計金額が1万円近かったりする。それに対して、ドラマの原作
| 本屋のバイト、書籍を探訪す。 | 2005/11/25 4:31 PM |
小泉今日子、『モモ』、『野ブタ。をプロデュース』
けさ新聞を開いて「あ、そうなの、知らなかった」ということがあった。 僕は、書評というものをまったく読まないので、小泉今日子さんが読売新聞の書評を担当していることを、初めて知った。 それで、ちょっと調べてみたら、小泉さんと本との(マスコミ的な)関係と
| オヤジライターが、もの申す! | 2005/03/08 8:31 PM |
「野ブタ。をプロデュース」
何日か前のこと、新宿の喫茶店で、買ったばかりの「野ブタ。をプロデュース」(白岩玄著 河出書房新社刊)を、向かい合って座った娘にホイと渡した。 私は、このあとの用のため、最終チェック、スタート用意。 そんなとき、コーヒーをつきあわせることになって、手持
| un-tra-ku-tara | 2005/02/05 9:49 PM |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Counter
累計:
今日:  昨日:
★使用方法はこちら
ジョッキー (集英社文庫)
ジョッキー (集英社文庫) (JUGEMレビュー »)
松樹 剛史
名前の通り競馬小説。
年間勝利数が一桁のフリージョッキーの物語。
競馬好きな僕はかなり楽しめました。
小説としてもなかなか良く出来ていると思う。
競馬好きな人は読んでみては?
(CVO)
発売日:0000-00-00

★管理人への問い合わせ★

Weblog Links
Myblog List



Blog People


登録してみませんか?
by BlogPeople

ペットたち



qrcode
このサイトのQRコード


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
by

bolg index このページの先頭へ