blog index

-複数のライター投稿で織りなすWeblog-
<< 蝉(セミ)の一生 | main | 書く事無いね♪ >>
スポンサーサイト
Written by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
独り言
Written by ことね
束縛はしないけれど
玩具のように僕に触れ
無償の愛を確認し
猫のようにそっぽを向き
傍に居てと僕を抱く
君の分の荷物も背負い
僕は今日も坂道をのぼる
そっと手を離す
さよならのその時まで

きっと君は傷つくだろう
きっと僕は傷つくだろう
季節はずれの 紫陽花が狂い咲く
君の肩越しに雨の匂い


何も怖くない

最初から
僕は一人だったじゃないか
| ことね | 22:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
Written by スポンサードリンク
| - | 22:44 | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://cvo.jugem.jp/trackback/128
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Counter
累計:
今日:  昨日:
★使用方法はこちら
ジョッキー (集英社文庫)
ジョッキー (集英社文庫) (JUGEMレビュー »)
松樹 剛史
名前の通り競馬小説。
年間勝利数が一桁のフリージョッキーの物語。
競馬好きな僕はかなり楽しめました。
小説としてもなかなか良く出来ていると思う。
競馬好きな人は読んでみては?
(CVO)
発売日:0000-00-00

★管理人への問い合わせ★

Weblog Links
Myblog List



Blog People


登録してみませんか?
by BlogPeople

ペットたち



qrcode
このサイトのQRコード


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
by

bolg index このページの先頭へ